企業情報

企業情報

会社概要

会社名   株式会社 コマキン
所在地   〒370-2334 群馬県富岡市上高瀬182番地 TEL:0274-62-1463 FAX:0274-62-1449
代表   代表取締役 小間 俊明
設立   昭和54年1月
資本金   1,000万円
従業員   23名(2017年10月現在)
工場敷地面積   4,033㎡
工場建物面積   2,656㎡
取引先銀行   群馬銀行、足利銀行

主要取引先

 

  日本航空電子工業(株)・日本電産コパル電子(株)・ヒロセ電機(株)・日本光電富岡(株)・シナノケンシ(株)・リコーイメージング(株)・富士フイルムテクノプロダクツ(株)(順不同)
事業内容   精密部品切削加工 / 複合旋盤加工

沿革

1959 昭和34年5月   富岡市上高瀬に於いて小間金属工業所として創業者小間治平が発足
創業後まもなくドイツ式コンパス製造開始
ドイツ式コンパス製造の実用新案取得
1962~ 昭和37年~   三菱鉛筆(株)と取引始まる
コンパス製造販売、変圧器組立て、シャープペン組立て
1966~ 昭和41年~   サインペンロ金製造、三菱鉛筆(株)へ販売
昭和47年工場増設(258m²)生産体制を強化
1973~ 昭和48年~   オイルショックを経験し多業種の部品加工を手がける
筆記具、医療機器、自動車部品、及び通信機器(プラグ、ジャック)製造、一部組立て
1979 昭和54年1月24日   有限会社小間金属工業設立
1983~ 昭和58年~   新規にOA機器部品製造開始
1986 昭和61年1月   新工場建設(1104m² 場内空調設備)
1989 平成元年4月   社長交代、新規取引先(他業種)を開拓
1990~1994 平成2年~6年   部品加工の合理化を図る為、複合加工NC旋盤を計7台導入
1996 平成8年11月   有限会社小間金属工業から株式会社コマキンに社名変更
これに伴い資本金を500万円から1,000万円に増資
1996~1999 平成8年~11年   同軸コネクター部品及び、他電子部品増産に伴い複合加工NC自動旋盤を12台導入
2000 平成12年   大型部品加工に対応する為、最大φ50迄加工対応のNC自動旋盤を導入、また小型複合加工NC自動旋盤導入
加工機多数となり工場手狭の為、一部外注貸与
2001~2002 平成13年~14年   複雑形状加工に対応する為、φ16~φ45の複合加工CNC自動旋盤を計4台導入
2003~2004 平成15年~16年   上記生産体制を更に強化する為、φ20~φ50のCNC自動旋盤を計5台導入
2006 平成18年12月   工場手狭の為、増築(1055.15m²)
2007~2008 平成19年~20年   生産体制強化の為、φ12~φ64のCNC自動旋盤を計7台導入
2008 平成20年   リーマンショックの煽りを受け新規の取引先を開拓する
HOYA(株)(現:リコーイメージング(株))と取引始まる
加工機10台を借用しカメラ部品を加工
2010 平成22年   生産体制強化の為、加工径φ16、φ32のCNC自動旋盤を各1台(計2台)導入
2012 平成24年   生産体制強化の為、加工径φ12、φ20、φ32のCNC自動旋盤を各1台(計3台)導入
2013 平成25年   増産対応の為、小型CNC自動旋盤を2台導入
2014 平成26年   複雑形状加工に対応する為、5軸加工対応CNC自動旋盤を1台、複合加工CNC自動旋盤を2台導入
複雑形状部品の測定の為、三次元座標測定機を導入
2015 平成27年   生産体制強化の為、加工径φ64のCNC自動旋盤を1台導入
2016 平成28年   生産体制強化の為、加工径φ20、φ32のCNC自動旋盤を各1台(計2台)導入
2017 平成29年   生産体制強化の為、加工径φ12、φ20、φ64のCNC自動旋盤を各1台(計3台)導入