KEZURU Professional

プロとしての自覚と技術力を
繋いでいく

ミクロン単位の超精密加工や削りにくいと言われる難削材・・・。難しいと言われる仕事であればあるほど、技術者スピリッツに火が灯るのがコマキンの“削るプロたち”です。実際、そこには、どのような活躍と成長のステージが広がっているのか。製造技術や生産管理の、モノづくりの最前線で活躍しているコマキンのプロたちを紹介します。

詰めて、削って、調べて、悩んで、考えて、
とことん品質と技術を磨き上げる
生産管理 
佐藤  栞
生産管理 佐藤栞
生産管理 佐藤栞
コマキンに入社したいと思ったのは、モノづくりに興味があったことがきっかけです。また性別に関係なく、やりがいのある仕事を任せてもらえることも魅力でした。入社後は、生産管理グループに配属。経験豊富な先輩のもとで、一から業務知識・スキルを学びました。
現在では、先輩と一緒に大手クライアントを担当しています。具体的には、お客様からのWeb発注に基づき在庫を確認。在庫が無い場合には、製造部門へ指示を出します。その後、製品ができ上がってきたら外観検査を行い、出荷を手配します。万が一、私が外観の不具合を見逃してしまうと、不良品がお客様のもとに届き、当社の信頼を大きく損なうことになってしまいます。責任が重大な業務ですが、その分、やりがいも大きいです。自らの仕事に誇りを持って考え、チャレンジし、結果を出せば、年齢や社歴、性別に関係なくしっかりと評価してもらえるのです。この恵まれた環境で、人間としても成長していきたいと思っています。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
品質に関して、ギリギリの見極めができる力を身に付けることです。品質の基準は、お客様によって異なります。その基準をしっかりと把握したうえで、製品の合否を判断するなど、日々品質と技術を磨き上げる努力を惜しまないことがプロとしての仕事だと思います。
生産管理 佐藤栞
生産管理 佐藤栞
難しいことに挑戦する心を
育ててもらっている
製造技術 
高橋 直也
製造技術 高橋直也
製造技術 高橋直也
当社での仕事の大きな魅力のひとつは、本人の意欲しだいで“削るプロ”に着実に成長できる環境があることだと思います。私の場合も、先輩技術者について、切削加工の際に出るキリコの処理や切削油の補充、機械部品の交換といった補助的な業務をしながら、モノづくりの基本的な知識・スキルを習得。
入社3年目から本格的に機械加工を任せてもらえるようになりました。コマキンは、自分の仕事は自分で選ぶシステムになっているので、とにかく積極的にいろいろな仕事にチャレンジすることが大切です。そこで、私も当社では加工事例の少ないエンジニア・プラスチックを加工する案件に手を挙げました。
キリコの処理やバリなど、初めてのことばかりで苦労をしましたが、先輩にアドバイスを求めることで、どうにかクリア。その仕事を通して、技術者として大きく成長することができました。これからも、より難しい案件に果敢にトライすることで、先輩であるプロたちを越えていきたいと思っています。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
切削加工に関することなら、どんな問題が起きても的確に解決できる力とこの仕事に誇りを持っていることです。当社の場合は、特に超精密加工や難削材といった技術的に難しい案件が多いので、単純ではない発見があり深い知見を身に付けていくことが大切です。
製造技術 高橋直也
製造技術 高橋直也
1000分の1ミリメートルの世界を
正確に測定する
品質保証 
土筆 龍河
製造技術 小杉和則
製造技術 小杉和則
当社で手掛けている超精密加工領域は、単に加工ができるだけではお客様のご要望に応えることはできません。実際に仕様通りの精度で加工ができているかどうかを、きちんと検査して評価できなければ、せっかくの加工技術も「絵に描いたモチ」になってしまいます。
加工と並んで重要な、この品質検査を担っている部署が品質保証課です。加工された製品を三次元測定機やマイクロメーターといった測定機器を使って形状や寸法を測定。お客様の定めた公差以内の良品であれば出荷へ、不良品であれば加工部門にフィードバックします。
難しいのは、小型で超精密に加工された製品の検査であることです。製品自体が小さいうえに、1000分の1ミリメートルというミクロン単位になってくると、測定機器の当て方や力の入れ方ひとつで数値が変わってきてしまうのです。この難しさを乗り越え正確に測定し、良品をお客様にお届けできたときの達成感は、非常に大きなものがあります。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
まずは、同じ製品を何度測定しても、1ミクロンの狂いもなく測定できる技術を持つことです。そのうえで、その製品がどうして不良品になっているかをより的確に加工した技術者にフィードバックできるようになりたいと思っています。
製造技術 小杉和則
製造技術 小杉和則
株式会社コマキン

〒370-2334 群馬県富岡市上高瀬182番地 TEL:0274-62-1463 FAX:0274-62-1449

COPYRIGHT © 2017 KOMAKIN Co.,Ltd.All Rights Reserved.

topへ戻る

TOP▲