KEZURU Professional

プロとしての自覚と技術力を
繋いでいく

ミクロン単位の超精密加工や削りにくいと言われる難削材・・・。難しいと言われる仕事であればあるほど、技術者スピリッツに火が灯るのがコマキンの“削るプロたち”です。実際、そこには、どのような活躍と成長のステージが広がっているのか。生産技術や生産管理の、モノづくりの最前線で活躍しているコマキンのプロたちを紹介します。

詰めて、削って、調べて、悩んで、考えて、
とことん品質と技術を磨き上げる
生産管理 
佐藤  栞
生産管理
生産管理
コマキンに入社したいと思ったのは、モノづくりに興味があったことがきっかけです。また性別に関係なく、やりがいのある仕事を任せてもらえることも魅力でした。入社後は、生産管理グループに配属。経験豊富な先輩のもとで、一から業務知識・スキルを学びました。
現在では、先輩と一緒に大手クライアントを担当しています。具体的には、お客様からのWeb発注に基づき在庫を確認。在庫が無い場合には、製造部門へ指示を出します。その後、製品ができ上がってきたら外観検査を行い、出荷を手配します。万が一、私が外観の不具合を見逃してしまうと、不良品がお客様のもとに届き、当社の信頼を大きく損なうことになってしまいます。責任が重大な業務ですが、その分、やりがいも大きいです。自らの仕事に誇りを持って考え、チャレンジし、結果を出せば、年齢や社歴、性別に関係なくしっかりと評価してもらえるのです。この恵まれた環境で、人間としても成長していきたいと思っています。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
品質に関して、ギリギリの見極めができる力を身に付けることです。品質の基準は、お客様によって異なります。その基準をしっかりと把握したうえで、製品の合否を判断するなど、日々品質と技術を磨き上げる努力を惜しまないことがプロとしての仕事だと思います。
生産管理
生産管理
自ら考え、挑戦することが
自分自身の成長につながっている
生産技術 
長澤  蓮
生産技術
生産技術
現在私は、生産技術課に属しており、お客様より受注した製品の加工レイアウト、加工プログラムを作成し、NC工作機械へ落とし込み、試作加工を経て製品を量産する、という流れを担当しています。
在学中は設計関連を専攻していましたが、実際にものづくりをする立場に自分が立つことで、学んだ知識を活かせると思い、コマキンに入社を決めました。この業種に飛び込み、仕事をさせていただく中で、自分が担当した製品が出来上がり、それがお客様の元に送られた時は、達成感でいっぱいになりました。
ものづくりをする会社の中でも、この会社は他社とは異なる特長を持っていると思います。機械オペレーターとしての仕事だけではなく、製品をどのようにして作るのか、自ら思考することが必要となります。当社での仕事は、責任と達成感を得られる、やりがいのある仕事です。これからも難易度の高い加工案件を実現させるべく、自ら考え、挑戦することで、自身のレベルアップに繋げていきたいと考えています。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
私も入社4年目になり、様々な製品加工を担当し経験も得ましたが、「基本ができる」のその先が「プロ」の領域であると考えています。様々な状況に柔軟かつ的確に対応できる「応用力」。それを身に着けることが、今の私の目標でもあります。
生産技術
生産技術
1000分の1ミリメートルの世界を
正確に測定する
品質保証 
土筆 龍河
製造技術
製造技術
当社で手掛けている超精密加工領域は、単に加工ができるだけではお客様のご要望に応えることはできません。実際に仕様通りの精度で加工ができているかどうかを、きちんと検査して評価できなければ、せっかくの加工技術も「絵に描いたモチ」になってしまいます。
加工と並んで重要な、この品質保証を担っている部署が品質保証課です。加工された製品を三次元測定機やマイクロメーターといった測定機器を使って形状や寸法を測定。お客様の定めた公差以内の良品であれば出荷へ、不良品であれば加工部門にフィードバックします。
難しいのは、小型で超精密に加工された製品の検査であることです。製品自体が小さいうえに、1000分の1ミリメートルというミクロン単位になってくると、測定機器の当て方や力の入れ方ひとつで数値が変わってきてしまうのです。この難しさを乗り越え正確に測定し、良品をお客様にお届けできたときの達成感は、非常に大きなものがあります。

1日の主な仕事の流れ

一日の主な仕事の流れ 一日の主な仕事の流れ
私の考える「プロ」とは
まずは、同じ製品を何度測定しても、1ミクロンの狂いもなく測定できる技術を持つことです。そのうえで、その製品がどうして不良品になっているかをより的確に加工した技術者にフィードバックできるようになりたいと思っています。
製造技術
製造技術
株式会社コマキン

〒370-2334 群馬県富岡市上高瀬182番地 TEL:0274-62-1463 FAX:0274-62-1449

COPYRIGHT © 2017 KOMAKIN Co.,Ltd.All Rights Reserved.

topへ戻る

TOP▲